Menu

Finding Fela

September 2, 2014 - Film of the month
Finding Fela

公式サイトhttp://findingfela.co.uk
Finding Fela 9月5日公開

アフリカ音楽を世界に広めた第一人者フェラ・クティのドキュメンタリーです。アレックス・ギブニー監督は、とてもフェアにクティをとらえています。それがこの作品の長所でもあり、短所でもあります。

社会の悪を暴いて見せた作品の数々がアカデミー賞、エミー賞などにも輝いているギブニー監督は、そういう社会派ドキュメンタリー同様、淡々と事実を積み上げる形で、ナイジェリアのカリスマ的ミュージシャン、クティを浮かび上がらせます。

そして、このクティという人、一筋縄ではいきません。乗りのいいアフリカン・ビートにイエイ、クティ最高ー!なんて盛り上がりたいところですが、歌われるのが体制批判だったりします。当時、権力を握っていた軍に睨まれたクティは、拷問にもあっています。反骨のヒーロー?と思いきや、大勢の妻たちに囲まれたハーレム暮らしでドラッグと酒三昧、女性の扱いはなかなか酷いです。女性蔑視?と怒りたくなりますが、大変な母親思いで、反対勢力に母を殺された後には、ちょっと変になってスピリチュアルにのめりこみます。

今は亡きクティを語るのに、記録映像や関係者インタビューとともに、ブロードウェイで上演されたミュージカル『フェラ!』も映し出されます。そちらでは、さすがにドラマチックに描かれるし、ライブで繰り広げられるアフリカの音楽と踊りがなんたって熱い。ミュージカルの方が笑ったり泣いたりできそうだし、エキサイティングです。

映画は、音楽家、社会運動家、放蕩者というクティの様々な面に等分に光を当てて見せます。悲しきヒーロー、または、失速していった音楽家というような物語にまとめあげてはいません。カタルシスを求める人には物足りないかもしれませんが、あえてドラマチックにもノリノリにもしなかった分、誠実なクティの記録になっています。

Eiga-uk-finding-fela-1

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *